Free lifeライフスタイル

今更両親の生き方がいいなと思いました

Pocket

最近両親と話していて、いいなぁと思えることがあり、そういえば昔からそういうこと言ってたけれど、その良さを全然分かっていなかった自分に気づきました。

具体的にいうと、母は昔からあまり物欲がなく、「必要最低限のものがあればいいの。家族が元気で、自由な時間とおいしい食べ物があれば幸せなの」と言っていました。

専業主婦で時間に余裕があり、いつも美味しいおやつやご飯を作ってくれていました。

母がバタバタ急いでいる姿はあまり見たことがありません。

今考えても愛情たっぷり大事に育ててくれたと感謝しています。

でも子どもができるまで物欲もやりたいこともたくさんあった私は働きながら子育てして、やりたいことやる、買いたいもの買える、そんなワーキングマザーに憧れていました。

正社員でバリバリ働くかっこいいお母さん。

そう、ずっとそうなるんだって思ってました。

実際に、結婚しても正社員で働き、2人を出産した今でも正社員で働いていますが、正直、、

ようやく昨年自分のやりたい仕事を見つけ、夢に向かって進んでいますが、まだ会社員を辞めれていません。

理由はいろいろありますが、尊敬する堀江さん(ホリエモン)に言わせると、理由なんか言ってる暇あったら早く行動起こせって言われそう。

人のせいにしている間は覚悟が足りないのかもしれない。

と、話はそれましたが、最近は母と同じように

「家族が元気で、自由な時間がある人生。子どもたちにおやつを作ったり、急ぎなさい!って怒らなくていいゆとりがある生き方」を求めています。

もう毎日朝から「急いで!」って言ってるし、とにかくバタバタしているので、ゆとりある人生で、大事に毎日を生きたいって思います。

覚悟を。

そして父ですが、定年まで会社員で頑張っていた父。そして今は大好きな魚釣り三昧の日々(笑

午前中だけのアルバイトはしているものの、ほぼ毎日魚釣りに行き、アルバイトのお休みは潮を見て決めるというハマりっぷり(笑

母曰く潮を見る手帳みたいなのがあり、暗号?にしか見えないその手帳とにらめっこして休みを決めると。

なんていい生き方(笑

一度はまるととことんやる性格の父は、魚釣りという趣味を通じて友人もでき、田舎なので魚を配ると他のものを貰えるという物々交換で楽しく生活しているとのこと。

そんな両親を見て、私は「幸せとは何か」を考えずにはいられない。。

一度きりの人生を大切に生きたいですね。

自分がどうありたいか、常に考えて行動しようと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Pocket

返信を残す

*