おしごとの話

働きたいママに見てほしい!ワーキングマザーが思うつらい現実。

Pocket

これから働きたいママさん、とくに小さい子どもがいるママさんに読んでもらいたいです。

私は今正社員として働いていますが、専業主婦の方や時間に自由がきくお仕事をされている方が本当にうらやましいです。

だからこそ、「場所と時間にとらわれない仕事」を手にいれることを今の目標にしています。

 

ではなぜ「場所と時間にとらわれない仕事」を目指しているのか。

会いたい人にいつでも会いに行ける自由と経済力がほしい。

行きたいところに自由に行ける自由と経済力がほしい。

仕事中心の子育てではなく子ども中心の子育てがしたい。

この3つですね。

 

県外にいる両親や友だちに会いたいときに会いに行く。

もちろん小学生のこどもがいるので、小学校がお休みの日と限られますが、少なくとも会社の休みを使ってしか動けないのは嫌だなと。

そんなの当たり前だと言われそうだけど、そこを当たり前と思うか嫌だと思って行動に移すかそれだけの話。

当たり前ではなく選択肢の範囲なら私はやりたいことをやる。

会社員でいる限り、雇われている限り、時間の自由は会社に委ねられているから、ちょっと息苦しい。

行きたいところにも自由に行く時間もなし。

用事の度に休みを取って、休むたびに申し訳なさと疎外感?みたいなものを感じる。

台風で小学校休みだけど、明日会社で大事な用がある。どうしよう・・って昨日のことなんですが、結局保育園の学童に預けることに。

病気の時も休める時は休むのですが、やはり大事な用件があると、病児保育に預けて出社したり、、これは本当に胸が痛かったです。

今世の中は待機児童が多くて困っていると、保育園や病児保育を増やす方向で動いていますが、預かってもらえる施設が増えることでキャリアを考える女性が増え、子どもを産むことを躊躇してしまう人もいると思います。

私自身、働きながら3人はきついなとか、また産休・育児休暇取ったら仕事イチからやり直しだな・・など考えてしまっていて、もう一人産みたいとは思えないので、同じような人はたくさんいると思います。

だからこそ預かってもらう施設よりも、在宅でできるしごとを増やしたり、子どもが病気のときは休んでもペナルティにならない仕組み作りなど、もっと子育てしやすい社会が必要な気がします。

一度外で働き始めたら、休みづらかったり、時間と場所にとらわれすぎて、余裕がなくなるかもしれません。

今日は大事なしごとがあるからと、子どもがきつい時に病児保育に預けることになるかもしれません。(もちろん助かっているのですが、本当にこれでいいのかと自問自答してしまうのです)

夏休みも一緒にいてあげられません。

いつもおうちにお母さんがいる人より子どもたちと長くいてあげられません。

何が大切なのか考えてしまいます。

子どもたちが学校や幼稚園に行ってる間だけ働くっていう選択肢もすばらしいと思います。

時間に関係なく家でできるしごとであれば夜子どもたちが寝てからでもできますよね。

今の時代ありがたいことに色々な働き方があると思うので、大切な人を大切にできる人生を選ぶのがベストだと思います。

ひとりでも多くのママさんたちが、つらいな~と思いながら仕事をするのではなく楽しいな~と思いながら仕事ができる環境が増えますように。いつかそんなお手伝いができたらいいな。

では、今日もお読みいただきありがとうございます!

 

 

Pocket

返信を残す

*