たいせつなコト

敬老に日に思うこと。

Pocket

今日は敬老の日ですね!

おじいちゃんおばあちゃんに「いつもありがとう。これからも長生きしてね」の意を込めて、会いに行ったりプレゼントを渡したりすると思いますが、私の祖父母はもう他界してしまって会うこともプレゼントを渡すこともできません。

優しかったおじいちゃんおばあちゃんにもっと色々してあげたかったな・・

 

たくさんの愛情をくれたおじいちゃんおばあちゃんに敬意をこめて、

「自由に生きなさい」とおしえてくれたおばあちゃんに心の底からありがとうの意を込めて、

これからもおじいちゃんおばあちゃんに恥じないようにまっすぐに生きていこうと思います。

天国のおじいちゃんおばあちゃん本当にありがとう。

いつも見守っていてね。

 

そして昨日は1日早いけど、主人の祖母に会いに行ってきました。

85歳の元気なおばあちゃん。ひ孫を本当にかわいがってくれて、いつも私のことも褒めてくれます。

おばあちゃんにとってはひ孫に会えることが何よりもうれしいと言ってくれているので、また近いうちに遊びに行きたいと思います。

そして気づけばこどもたちのおじいちゃんおばあちゃんである私や主人のお父さんお母さん。

いつまでも若いと思っていたらもう60代半ば・・

あとどれくらい一緒にいられるのかな・・とか考えると悲しくなるので、とにかく考えずにたくさん一緒の時間を過ごしたいと思います。

と言っても私の両親は県外。だからこそ、私には「場所と時間を選ばないしごと」が必要と強く思います。

会いたいときにすぐに行ける、そんな自由が欲しいです。

会社員である限り、いつでも行ける自由はなく、まとまった休みの時しか帰れません。

離れて暮らす選択肢を選んだのは自分だけど、自由を作る選択肢はまだある。

世の中頭が良くて、才能がある人もたくさんいるけど、きっとその人たちも普通じゃ考えられないくらいの努力をいているんだろうな。

人には見せない努力や思いが、きっと世の中の役に立ち、自分に跳ね返ってくる。努力の先に見える景色が見れるのはほんの一握り。そこはとてつもなく遠いけど、絶対に行けない場所ではない。

そんな気がするから、むしろ絶対いけると信じているから今頑張れる。

こうやってブログを書くのも好きだけど、いつからか頭の片隅から離れない「旅ライター」として、いろんなことを発信していきたいと思います。

おばあちゃんからもらった「自由に生きなさい」という言葉を胸に。。今日も前に進みます!

おばあちゃんありがとう!見ててね!

 

では今日もお読みいただき、ありがとうございます。

 

Pocket

返信を残す

*